労働者の適切な雇用を守るために労働基準法がある

適正な雇用管理

勤怠管理をタイムレコーダーでやるのであれば

time 2022/12/24

勤怠管理をタイムレコーダーでやるのであれば

色々なタイプの勤怠管理の方法がありますが、その一つがタイムレコーダーです。タイムレコーダーとは、名前からわかるように時間を記録する機械です。打刻式であることも有りますし、デジタルデータである場合も有ります。それは機械によって違うわけですが、これを勤怠管理に特化したように作られた物があるわけです。

タイムレコーダーは誰でも使えるような機械でもありますが、極めて複雑化されている時もあります。システムとしては複雑であっても、利用者にとっては楽である必要があります。勤怠の管理をする為の行動を複雑化させることにメリットがないからです。但し、新技術を入れて、上手く管理をできるようにするのはよいです。

特に最近になっていえるのが、インターネットを使うことです。ネットワークを介して、勤怠の管理をすることができます。これは出勤や退勤の報告をネットを使って出来る、というシステムです。クラウド市システムと呼ばれていることがあります。

こうしたタイムレコーダーを使うことによって、勤怠管理がかなり容易にできるようになっています。そこから利益が生み出せる行為ではないです。それでも企業としては、やらないといけない行為の一つになります。これを効率化することは、そのまま利益に直結します。

つまりは、経費が削減できるからです。タイムレコーダー如きで何を、と考えるかもしれませんが、そんなことはなく、重要な企業行為の一つになります。

down

コメントする