ノベルティの配布はターゲットを絞って

ノベルティを配布するときは、どのような人に渡すかをイメージしておく必要があります。

まだ顧客化されていない人をターゲットにするのか、すでに顧客になっている人や、リピーターに対しての配布なのかが明確になっていると、どのようなグッズを選ぶかはっきりします。すでに顧客になっている場合でも、来店を促進させる目的や一人の単価を向上させる目的などがあります。グッズを配布するには販売戦略を立てることが重要で、そこから効果的な販促活動につながっていきます。

特にブランディングにそったオリジナルのグッズを制作したときは、しっかりとした戦略をとることで効果が上がります。企業アピールとしても使われる企業名などが入っている、オリジナルノベルティですがどのようにイメージを使えるかが鍵になります。付加価値があるグッズや、販促へどのように結びつけていくかも考えます。

ただ単にたくさんの人へグッズをばら撒いて終わることなく、受け取る側に使ってもらえるような配布を意識することが大切です。実用的ではないものや、年齢層にあっていないアイテムは使われないままタンスの肥やしになるケースもあります。また他の人に譲渡される場合は、さらに宣伝となりますが破棄される可能性もあるので注意が必要です。しっかりと消費者目線で、戦略を立てた上でノベルティグッズを活用し効果的な販促へ繋げる、来店時のコミュニケーションをとって行くことが目的になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *