ノベルティに不向きなグッズは?

ノベルティグッズを配布しても、持ち帰る際にかさばるものは逆効果になります。

企業アピールをする前の段階で、悪い印象を与える可能性が高くなるので注意が必要です。ノベルティを受け取る側は、様々なシチュエーションの中にいて外出中の人や、ショッピング中の人もいます。そこでかさばる荷物が増えてしまうことに抵抗を感じている人も多く、大きなものを渡せば印象的だとは限りません。受け取る側の状態も考え、気軽に持ち帰りやすいものを選ぶことがポイントです。

ボールペンはノベルティグッズとして人気が高いですが、それには携帯しやすく実用性に富んだものということで理由があります。いつも携帯でき活用できるグッズを選ぶことによって、普段でも活用してもらえますしそこから企業などのアピールができます。その中で好みがはっきりと分かれるものや、消耗品ではない・処分に困るようなものは受け取った側から見てマイナスとなるケースもあります。

コストをかけてノベルティを制作しているのに、もらった側が良い印象を持たないことは本末転倒となります。配布しても全く使われることなく残ってしまうアイテムよりも、消耗品を選ぶことでどこかで使用してもらえます。常に消耗品を選べば、定期的に配布する期間があっても受け取る側の負担になりません。消耗品でなければ、すでに前回もらったからということで、受け取りを拒否される可能性があるからです。常に実際の商品と同様、消費者の目線に立ってグッズを選ぶことが基本になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *