効果的なノベルティの配布の仕方

ノベルティは店舗などに来店した消費者に対して、お礼の意味も込めて手渡すことがあります。

消費者とのコミュケーションをはかるきっかけにもつながるので、ただ単に配布するだけではその効果を生かすことができません。反対にマイナスイメージにつながるケースもあり、ノベルティを配布した結果悪影響になったり、チャンスを生かすことができないことはせっかくのコストが無駄になります。ノベルティグッズをただ渡しているだけでは、グッズをただでばら撒いて終了してしまいます。

手渡すチャンスは、消費者の貴重な接点なので企業やブランドのマーケティングが可能になります。グッズには企業や宣伝したい商品の名前を入れ、アピールをしますがオリジナルデザインのものを強調することで、もらった側の印象も強くなり効果があります。ノベルティを配布するときは、ブランドをアピールする機会だと捉えることが一般的です。実用的なグッズは消費者も使ってみることが多く、季節ごとに欠かせなないアイテムから毎日使うものなどがあります。

シーズンものではうちわや使い捨てミニカイロなどがあり、毎日使うものはボールペンやティッシュなどがあります。ノベルティを配布することで、消費者への印象が良くなり、さらに実用的で使えるものを提供することで企業の印象が大きく変わります。逆に大きなものやかさばるものは、カバンやポケットへ入れにくいため持ち帰ることが困難になり、受け取ってもらえない可能性が出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *