ノベルティの留意点とは

ノベルティはどんなものであっても構わないというわけではありません。

とりわけ、大きな問題に発展しかねない要素がありますから特に注意しておく必要があります。例えば、他人の知的財産権などを侵害しないかということです。他社が特許を持っているような商品のコピーを勝手に作り、それをノベルティとして配布したような場合にはこの問題が生じる可能性があります。似たような事例ですが、例えばアニメのキャラクターなどを勝手に利用することも問題になりますし、その意味では有名人の肖像画を勝手に使うというのもいけません。

企業の知名度を向上させるはずのノベルティが、かえって企業イメージを悪化させてしまったなどということのないように注意する必要があるでしょう。また、気を付けたい点はこれだけではありません。ノベルティを配布することで、多かれ少なかれもらった人はその企業の商品を購入することに傾くでしょう。

これは自然なことであって、むしろそれが目的とも言えるわけですが、あまりにも不当に誘引するようなことは実は法律で禁止されていますから注意が必要です。例えば、何かの商品を購入したときにつけるおまけとしてのノベルティの場合、基本的にはその商品の本体価格の20%までのものにする必要があります。どちらがおまけか分からないようなものをつけることは、不当にその商品の購入を誘引するものとして禁じられているわけです。このような点にも注意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *