ノベルティの商品販売戦略としての影響力

ノベルティとは、企業やブランドが消費者に対して無料配布する企業名やブランド名のロゴなどが入ったグッズのことです。

採用されているグッズは、エコバック・タンブラー・クリアファイルなどの日常生活でよく目にするものが大半です。企業がそのようなグッズを配布するのは、ブランドの宣伝効果や集客効果を期待できるからです。日常生活で使えるものを配布すれば、その企業やブランドの名前を日常的に消費者に身近に感じ取ってもらいやすくなり、結果としてそれが売り上げや業績の向上につながります。また、昨今ではノベルティを目的とした消費者をターゲットとした商品販売戦略も多々見受けられます。

例えば「1万円以上お買い上げの方に先着でオリジナルエコバックをプレゼント」のようなものです。先着順でしか手に入らないグッズが欲しいと思う消費者のコレクター心をあおり、店に来店させ、売り上げを伸ばすのです。そして、その配布したグッズはまた大きな宣伝効果を担う宣伝媒体として消費者の手の中ではたらき、企業の売り上げに貢献することでしょう。

ノベルティは今や、無料でもらえるおまけではなく、限定品としての価値が多く広まっており、売り上げの向上や顧客の新規獲得に欠かせない存在です。大手ブランドや人気ブランドでは、ノベルティ欲しさに開店前の店舗の前に長い行列ができることも少なくありません。企業の商品販売戦略としての顔を持つノベルティには、今後もますます注目されていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *