使いやすいノベルティのコツ

個人商店やアパレルブランドでもノベルティをよく見かけるようになりましたね。

使い捨てのタイプから日常使いができるもの、収集したくなるものまで様々ですよね。アパレルで多いものがカバンやアクセサリー、雑貨であるのに比べて企業が出すものではペンやメモ帳など文房具が多い傾向があります。これは購入層によるものが大きいでしょう。個人の私生活で使用してもらうことを目的にするとノベルティに求めるものは、対象者が興味のあるものをどこかに盛り込む必要があります。例えば、女性向きのブランドであれば化粧ポーチやアクセサリーはどの年代にも複数持っていて困りません。

そのため、特別感も出るので購買意欲を高める効果もあります。購入層が特定の趣味を持つタイプのジャンルであればその趣味に応じたものが喜ばれます。一般的な企業のノベルティとして多いのが企業名入りの文房具です。このノベルティのメリットとしてBtoBの企業であれば社内で使用しても問題のないデザインが多いです。

社内で使用することを想定して無難なデザインを使用する場合が多いですが、ほとんどの企業がその形をとります。目立つデザインにすることであの企業は面白いノベルティを出している、と話題になることがあります。海外の企業では企業目はないが斬新なデザインの文房具を出していることで有名になっていることもあります。あくまでも購入した方に気持ち程度に渡すものですが、それがさらなる購入につながることもあるので拘りたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *