ノベルティとは?販促物との違いは?

ノベルティとは直訳すると珍しいもの、目新しいものです。

しかし現在の日本では、企業が宣伝などの目的のために自社のロゴなどを入れて無料で配る記念品、という意味で使われることが多くなっています。宣伝目的でお客さんに配るという意味では販促物と同じですが、厳密に言うと少し違うところがあります。それはノベルティは、よりブランドのアピールを目的としている点です。例えば、自社とは全く関係のない洗剤に熨斗を付けて配っても良いのが販促物です。

消費者としては嬉しいですし、販促物欲しさに多めに商品を買うということも考えられます。しかし、それが企業そのもののアピールになるかと言えば疑問です。対してノベルティは自社のブランドのロゴを入れたり、自社に関連付けた品を作ったりして配ります。ノベルティが、そのまま会社のアピールになるというわけです。なので、作る側のセンスが問われる部分です。「これを貰って困る人はいないだろう」を超えて「企業をアピールできるもの」を考えなければなりません。

なので担当者からすれば、販促物を用意する方が楽であると言えるでしょう。また、購入者だけではなく、自社社員や取引先、記念式典の出席者にも配られるのも特徴です。更に、プレミアがつきやすいという特徴もあります。世の中には様々なコレクターがいてノベルティを専門に集めている人もいますから、ネットオークションなどでびっくりするような高値が付いた例もあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *