ノベルティで人気のタオル

ノベルティとして、タオルをもらったことがある人も多くいるでしょう。

企業名や住所、電話番号などが入っていても、自宅で使うには十分でもあるので誰もが欲しがるアイテムです。企業側としても多くのメリットがあるノベルティのタオルは、じつに豊富なバリエーションで作ることができます。一般的に多く出回っているのは、白無地のタオルに濃紺一色の文字が入ったものです。もう少し他社と差別化をしたいという場合には、色ものの無地タオルや文字に企業のイメージカラーを入れてみると効果的です。文字を入れるのはプリントが一般的ですが、刺繍で施すことも可能です。

刺繍糸は、縫い糸とは違って光沢感がある糸が使われているため、上質な仕上がりになります。費用はプリントよりもかかってしまいますが、高額商品を買ってくれたなどの上顧客に向けて渡すにも、企業の質を落とさずに高品質な企業イメージを維持することができます。他にも、タオルの生地でも差別化することができます。

ジャガード織りや国産ブランドタオルとなると、シンプルなデザインであっても一気に質の高さを感じ取ってもらえます。このように、ノベルティのタオルといってもさまざまな種類があるので、決まっている経費の中から安くてもたくさん用意したいのか、限られたお客さんにだけ渡すために上質なものにするのかを考えることから始めます。ビニール袋や熨斗紙、箱入りなど梱包の方法でも見栄えを変えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *